Internet of Everything に対するエグゼクティブの視点

Internet of Everything(IoE)は、ヒト・モノ・データ・プロセスの間のつながりを強化し、世界各国の企業にきわめて大きな収益拡大の機会をもたらします。 IoE Value Index 調査により、IoE のトレンド、推進要因、利点、価値を最大化する取り組みにおける課題などに関するエグゼクティブの考えが明らかになりました。

Internet of Everything の普及

回答者は、生成されるデータの量と社内の接続レベルの両面で、過去 3 年間に IoE の普及が著しく進んだと考えています。 また、今後 3 年間でさらに普及が進むとも予想しています。

Internet of Everything の普及

Internet of Everything の好ましい影響

世界各国のエグゼクティブの大半は、IoE によって自社の給与水準が高まると考えています。また、接続環境の充実によりネットワーク全体でより包括的なセキュリティを展開できるようになり、今後 3 年間で情報セキュリティが強化されると考えています。

Internet of Everything の好ましい影響

Internet of Everything を推進するテクノロジー トレンド

回答者は、新しい種類の接続デバイスの普及、ビッグ データの登場、およびクラウドの台頭を、Internet of Everything を推進する最も重要なテクノロジーととらえています。

Internet of Everything を推進するテクノロジー トレンド

Internet of Everything を推進するビジネス目標

回答者は、Internet of Everything を後押しする最も重要なビジネス目標として、イノベーションの加速、カスタマー エクスペリエンスと顧客満足度の向上、ビジネス プロセスの自動化の必要性などを挙げています。

Internet of Everything を推進するビジネス目標

Internet of Everything の課題と考えているポイント

回答者は、IoE の普及に伴って自社の情報保護能力が向上すると考える一方、
つながりの増加がもたらす最大の懸念点としてセキュリティの脅威を挙げています。
次いで、変化とイノベーションが速いペースで進むことによる IT の急激な陳腐化を心配しています。

Internet of Everything の課題と考えているポイント

Internet of Everything の価値を実現する際の障壁と考えているポイント

世界中のエグゼクティブが、新しいテクノロジーに投資し、それを既存のシステムと効果的に統合してメリットを引き出す能力を、Internet of Everything の価値を実現する際に直面する最大の課題と見なしています。

Internet of Everything の価値を実現する際の障壁と考えているポイント

Internet of Everything のビジネス上の利点

世界中のエグゼクティブは、Internet of Everything の最大の利点として、運用効率の向上、カスタマー サービスの向上、社内のコラボレーションの促進などを挙げています。

Internet of Everything のビジネス上の利点

Internet of Everything の主な実現要素

この調査で、効果的なテクノロジー インフラストラクチャを持つことが IoE の価値を実現する能力を示す最も重要な要素であり、今後の競争を勝ち抜いていくために欠かせないものであることが明らかになりました。しかし、続く 4 項目は管理手法やビジネス プロセスをどう適応させ、つながりの増加によるメリットを最大限に活かすことができるかという点に関するものであり、合計すると回答の半数以上を占めています。今後 IoE が浸透していくにあたり、このような人員/プロセス面でどれだけ効率的な対応を行うかが、価値創出能力を左右することになるでしょう。

Internet of Everything のビジネス上の利点